スポンサーサイト

  • 2017.04.03 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    さいたま市長選挙 

    • 2013.04.16 Tuesday
    • 18:32
     

    4月19日(金)1830から清水勇人現市長の総決起集会開催。

    4月26日 () 1730から長沼威立候補予定者の総決起大会。

     

    さて、どちらに行くべきか。19日はもちろん行くのだが。26日は果たして・・・

    26日は麻生太郎氏が来るそうだ。多分自民党のお歴々が大挙してやってくるのだろう。

     

    それにしても、自民党のこのやり方はどうだ。清水氏も4年前の市長選では、国政において不信感極まっていた自民から新鮮な民主支援(推薦?)に鞍替えしたおかげもあって当選したのは事実だけれど、現職の健康不安や多選批判、有名なスポーツ監督の好ましからざる選挙利用への批判などがあったのも事実だ。

     

    今回の自民は4年前の意趣返しで二匹目のドジョウを狙っているのかも知れないが、どうにも違和感がある。だいたい、清水は民主だ、民主だ、と主張するけれど、この4年間の彼の実績のどこに民主の影があるというのだろうか。埼玉県知事の上田氏もかつては民主党の国会議員だったけれど、県知事になってからは、すべての政策において是々非々の立場を取っている。八ッ場ダムの建設凍結の時には、真っ向から民主党の主張に対峙した。首長はすべからくこうでなければならぬ。それを自民の大者小者を連れ出して、それゆけやれ行けもないものだ。長沼氏は先の衆議院選時の自民大勝の結果に「次はさいたま市長選だ!」と口走ってしまったために、引っ込みがつかなくなってしまった、というのが専らの噂だ。

     

    ひるがえって、清水氏は静謐ですらある。彼は市政において先陣を務める立場であるから自らの主義主張を貫く度量があるけれど、人の話をも、よく聞く人だ。決して威圧的でないし、高圧的でもない。魑魅魍魎の棲む政治の世界ではちょっと心配になるくらいだ。でも、今必要な人材は間違いなくこんな人間だろう。勢いで突っ走る政治家はご免だ。迫力がもうちょっとあっても良いかなとは思うが。彼はさいたま市長としての品格を持つ人と思う。

     

    ところで、清水応援団にはれっきとした自民党員がたくさんいる(らしい)。応援団長自身が自民党員だそうだ。実は私も職業的事情で自民党員だ。同時に民主党サポーターでもある。結局、すべては人が決めること。選ぶ人も選ばれる人も自由に選んだらいい、それこそが民主主義というものだ。首長選挙に党利・党略は不要だとつくづく思う。

     

    スポンサーサイト

    • 2017.04.03 Monday
    • 18:32
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << January 2018 >>

      selected entries

      archives

      recent comment

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM